新怪物だ!桐光・松井22K

2012年08月10日 12時00分

 第94回全国高校野球選手権大会第2日は9日、甲子園球場で1回戦4試合を行い、桐光学園(神奈川)が2年生左腕・松井裕樹(写真)が大会新記録となる22三振を奪う活躍で、今治西(愛媛)を7―0で下し、2回戦に進出した。

 

 末恐ろしい怪物が現れた。桐光学園のエース・松井のカーブに今治西の最後の打者・末広のバットが空を切り、試合が終了すると、甲子園全体に大歓声が起きた。94年にわたる甲子園の歴史に一人の左腕の名が刻まれた。

 

 初回から圧巻のピッチングで三振の山を築いた。チェンジアップは封印したまま、ストレート、カーブ、スライダーで相手打線を翻弄。6回に初安打を許したものの、この回の中の中西から9回の代打・吉本まで10者連続三振。これまでの最長記録(8者連続)を塗り替えた。県大会では68奪三振ながら、与四死球も22と暴れ馬のような投手だったが、その面影はどこへやら。終わってみれば22奪三振と、最多記録の1試合19奪三振を大きく上回る記録更新だった。

 

 試合後に初めて記録を知ったという松井。これまでの自己最多は、今夏の県大会初戦の17奪三振。

 

 活躍は投球だけではなかった。2―0で迎えた5回二死一、二塁の場面で初球を右翼席に運ぶ3ラン。「振ったところにきた。飛距離が足りないかと思ったが、入って良かった」と試合後、照れ笑いを浮かべた。

 

 そんな2年生を野呂監督も「よくやってくれた」と絶賛。「本番に強い子だが、味方も奮起してくれたし自らのホームランもあった。気分は良かったと思う」とエースの力投を手放しで喜んだ。

 

 ノーヒットノーランこそ逃したものの、9回には「自分のリズムがあるので」(松井)と、マウンド上で相手校の応援歌を口ずさむ強心臓ぶり。「記録はうれしいが、歴史に恥じないようなピッチングをしていかないといけない」と冷静に話す松井だが次戦の相手は常総学院。初戦で杵築相手に14得点の猛打を見せた打線にも“規格外”のピッチングで挑む。