阪神雨天中止で今成が“偽ゴメス”に変身

2014年08月04日 11時00分

ゴメスに扮した今成が伊藤隼を投げた

 阪神・伊藤隼が雨中の大奮闘だ。3日のDeNA戦(甲子園)が中止となると、ゴメスのユニホームを着た今成がグラウンドに登場。打撃フォーム、危険球を投げた投手に詰め寄ろうとするゴメスのモノマネ。これを制止するために伊藤隼太がベンチを飛び出してきたが“偽ゴメス”に豪快に投げられてしまった。


 さらに、伊藤隼はベースを一周すると、本塁に水しぶきをあげてヘッドスライディング。立ち上がったところを再び三塁コーチ役を務めたメッセンジャーと今成に投げられた。びしょ濡れの伊藤隼は「みんなと相談してやりました。喜んでもらえれば、と思って…」と満足そうに話していた。