佑 野手との信頼関係はまだまだ「?」

2014年08月01日 16時00分

栗山監督(左)から手荒い祝福を受ける斎藤佑

 日本ハム・斎藤佑樹投手(26)が31日のロッテ戦(QVCマリン)に先発し、6回6安打7三振5四球1失点で今季初勝利。3―1でチームの4連勝に貢献するとともに、2012年6月6日の広島戦(札幌ドーム)以来785日ぶり、右肩関節唇損傷からの再起を期す白星を手にした。

 

 内容的には5回まで毎回得点圏に走者を背負う危うい投球。斎藤本人が「真っすぐが全然行かなかった。とにかく気持ちだけは負けないように」と振り返ったように、ロッテ打線の拙攻に助けられた復帰勝利だった。

 

 シーズン前から斎藤の復活劇を「チームの推進力に」とシナリオを描いてきた栗山監督は「(リハビリに)苦しんでいただけに早く勝たせてあげたかった。内容的には本人を叱ったけど点が入らないのが佑樹のよさ。なかなか感動するゲームが少ない中でこの感動は絶対に(チームの)推進力になってくれると思う」と声を震わせた。

 

 しかし、これで斎藤がチームメートの心をつかんだかというと、疑問符がつく。栗山監督も「あれだけテンポが悪いと攻撃のリズムができない」と苦言を呈したように、野手との信頼関係を築くにはほど遠い内容だったからだ。

 

 本紙評論家の大友進氏も「(今季4試合で5得点という)打線の援護のなさを見れば信頼関係の希薄さは明白です。ただでさえ二軍で炎上しながら、特例昇格。日本ハム以外ではあり得ないシチュエーション。ハムの選手がいくらそういった状況に慣れているとはいえ、5回まで毎回得点圏に走者を背負う守備時間の長さには実際うんざりしているはず。勝ったから不満は出てこないでしょうが、守っている野手の心証はこれまでと変わっていないと思う。ストレートの質を今以上に上げて、何か一つ決め球を作る。投球の軸を作らないとチームメートの信頼を得られないだけでなく、この世界で生き残ってはいけない」と、斎藤の立ち位置を指摘していた。