オリお手上げ…西武・メヒアにやられっ放し!

2014年08月01日 16時00分

5回、西武ナインの出迎えを受けるメヒア

 オリックスが“天敵”に頭を抱えている。その人は西武にシーズン途中加入のエルネスト・メヒア内野手(28)。1―2で敗れた31日の西武戦(京セラドーム)でも5回に先発・東明が先制アーチを浴びたが、とにかくこの助っ人に打たれまくっている。メヒアのオリックス戦成績は8試合で27打数12安打の打率4割4分4厘、6本塁打、10打点。まさにカモにされているが「メヒアは外国人には珍しくインコースをうまくさばく打者。今は投げミスをなくすぐらいしか対応策が見つからない」とオリックス関係者。お手上げ状態なのだ。

 

 森脇監督も「同じ打者に本塁打を打たれすぎ。そういうのを許しちゃいかん」と厳しい表情で話す。ソフトバンクとのマッチレースを制して、オリックスが18年ぶりの優勝を成し遂げるためにも苦手は早く克服したいところ。西武とは残り10試合。メヒア対策は急務だ。