ミステリアス斎藤佑 2三振のクルーズ「メジャーにいないタイプ」

2014年08月01日 11時00分

785日ぶりの白星を手にした斎藤佑

 ロッテが日本ハム・斎藤佑樹投手(26)に手玉に取られ、31日の日本ハム戦(QVCマリン)に1―3で逆転負け。5回まで毎回得点圏に走者を進めるも、奪った得点は角中のソロ本塁打だけだった。

 試合後の伊東監督は開口一番で「ネタがないね。これだけやられたら」と渋い表情を見せると、斎藤について「変化球を低めに投げてきたが、そのほとんどはボール球。それでもウチの打線は焦りがあって振り回してしまった」と反省の弁に終始した。

 斎藤に2三振を喫したクルーズは「非常に的が絞りにくかったよ。変化球は低めに集まっていたし、何か我々の集中力が途切れてしまうような不思議なピッチングだったね。メジャーリーグにはいないタイプの投手だよ」。

 同じく斎藤に1併殺2三振のデスパイネはノーコメントで球場を後にしたが、外国人選手にとっての斎藤は何ともミステリアスな相手だったのかもしれない。