阪神・藤浪 母校・大阪桐蔭の偉業に「うれしい」

2014年07月30日 18時10分

母校・大阪桐蔭の“偉業”を喜んだ藤浪

 阪神タイガースの藤浪晋太郎投手(20)が母校の“偉業”を喜んだ。

 

 30日、第96回全国高校野球選手権大阪大会決勝で大阪桐蔭がPL学園を9―1で破り、3年連続8度目の夏の甲子園出場を決めた。大阪大会3連覇は1983~85年の桑田、清原のKKコンビを擁したPL学園以来29年ぶり。

 

 藤浪は「うれしいことですね。3年連続で大阪大会を優勝するのはすごいこと。甲子園で優勝できるように頑張ってほしい。刺激を受ける部分はあります」と笑顔を見せた。

 

 一昨年の夏の甲子園では藤浪がエースとして活躍し、大阪桐蔭の春夏連覇に貢献した。