日ハム・大谷 代打で同点の2点二塁打「うまく打てた」

2014年07月22日 20時51分

 日本ハム・大谷翔平(20)が22日のオリックス戦(京セラ)、1―3と2点を追う7回一死一、二塁の場面で代打出場。相手2番手・岸田の外角143キロ直球を左中間にはじき返し、走者2人をかえす2点適時二塁打を放ち期待に応えた。

 大谷は「追い込まれていたのでなんとか食らいついていこうと思っていました。フォークを拾える準備をしながら待っていて、意識はセンターにあったんですが、思いのほか真っすぐをうまく(左中間方向へ)打てました」とコメント。野手として54試合目の出場で打撃成績を打率2割8分6厘、22打点とした。