〝虎の鉄人〟金本に熱い活

2012年08月08日 18時00分

【格闘界から低迷・阪神にエール(2)】「ミスター・パーフェクト」アーネスト・ホースト氏

 格闘技で現役復帰を目指すアーネスト・ホースト氏(46)は〝虎の鉄人〟金本知憲外野手(44)に熱い活を入れた。

「ユニホームの上からでも、よく鍛えているのは分かる。まるで格闘家のような体つきだ。テレビで見た時に、本当に44歳かと疑ったよ。彼にはまだまだ現役を続けてほしいね。もっとたくさん記録を塗り替えてほしい!」

 2006年12月に引退したホースト氏は現在、名古屋市内の「アーネストホーストジムJAPAN」で特別インストラクターを務めている。今年5月には自身がプロデュースした「第1回ホーストカップ」も名古屋で開かれたばかり。母国オランダと日本を往復する日々を過ごす中で、たまたまテレビの野球中継で金本が活躍している場面を見て、以来、虎の鉄人に興味を持ったという。

 右肩の古傷に加えて、今月に入って腰に張りが出てくるなど、金本のコンディションは決して万全ではない。それでもホースト氏は「格闘技の世界でも、強い心さえあればリングに立つことはできる。彼の表情からは〝折れない心〟が感じられるよ。それに何よりもあの肉体を維持しているんだ。彼ならきっと、まだまだやってくれるだろう」と期待してやまない。

 満身創痍で戦い続ける44歳・金本。その姿に〝世界最強の男〟もまた熱い眼差しだ。

 

和田監督の“不可解采配”に非難の声

阪神身内から“負け続けた方がいい”

レスリング界が阪神にエール