“非情な原采配見習え”秋山監督に劇薬注文

2014年05月31日 16時00分

秋山監督はどうする?

 30日現在、貯金10の2位と好位置につけているソフトバンクのチーム内から危機感を募らせる声が出ている。「正直(前カードの)DeNAに2試合連続の延長戦で死力を尽くして1勝1敗じゃ厳しすぎる。打線がここぞ、という場面に弱すぎるし、今のままでは救援陣が持たないよ」(チーム関係者)と嘆き節だ。

 

 現在の鷹打線はチーム打率こそリーグトップながら主軸・内川の離脱も影響してフン詰まり状態。深刻なのが4番・李大浩の勝負弱さで、50試合を消化してわずか20打点。チームトップの32打点を稼いでいる松田も交流戦に入って35打数4安打(打率1割1分4厘)と絶不調に陥り、勝負どころでの一打がなかなか出ない状態だ。

 

 しかも、その代償としてリリーフ陣が常時フル回転しており、首脳陣も「少し心配。ちょっと登板過多になってしまっているからね」。自慢の救援陣が崩壊しようものなら、一気に危機的状況になりかねない。

 

 そこで「刺激を与える意味でも巨人みたいに大きく動いてみるのも手だと思うが…。打つ感じのない主力に思い切って代打を送るとかね」(球団関係者)。同じ巨大戦力を抱えていながら不振の主軸の打順を組み替えたり、時には代打策、バント策も辞さない巨人・原監督のような非情采配を求める声だ。

 

「秋山監督は主力選手のプライドやモチベーションを重視するタイプ」(別の関係者)とあって当面、3番・柳田、4番・李大浩、5番・長谷川は固定の方針だが、このままでは…。重量打線に“劇薬”が必要かもしれない。