国内FA権取得の能見「何も考えてない」

2014年05月31日 10時55分

 阪神・能見は30日、出場選手登録が8年に達し国内フリーエージェント(FA)権の取得条件を満たした。この日、指名練習に参加した左腕は「今はシーズン中なので何も考えてない」とコメントした。

 それよりエースが気にかけていたのは、チームが前日29日に交流戦で今季初めて連敗を喫したこと。阪神は交流戦前の巨人3連戦(9日〜、甲子園)から7カード連続で初戦を落としており、今日31日の日本ハム戦(札幌ドーム)に先発する能見への期待は大きい。

 左腕は「(初戦を)落とすためにやっているわけじゃない」と力強く語ったが「(札幌ドームは)投げにくい。マウンドが硬く、股関節が痛くなる」と不安材料もある。それでも最後は「自分の出せるものはしっかり出さないと」と前を向いていた。