上原ハイファイブイベントにファン200人

2014年05月29日 14時45分

特製ハイファイブ・フィンガーを両手にはめてご機嫌の上原

【マサチューセッツ州ボストン28日(日本時間29日)発】レッドソックス上原浩治投手(39)が本拠地フェンウェイ・パークでのブレーブス戦の試合前、「ハイファイブ・シティー・チケット」を購入した約200人のファンとハイファイブ(ハイタッチ)を行った。

 

 試合開始2時間前の午後5時過ぎから、センターバックスクリーン付近のフィールドで行われたイベントには、「東スポウェブに掲載された記事を読んでチケットを購入することができた」というボストン在住の日本人研究者グループや、日本人留学生の姿もあった。上原と約200人のファンが連続してハイファイブを行うと、およそ1分で終了。まさに一瞬のイベントだった。

 

 上原は「寒いから、いい手袋になりました」とジョークを飛ばすと「ありがたいね。指1本のやつはいっぱいあるけど、5本立っているのはないもんね」と笑顔。チケット購入者に配布されたスポンジ製の「特製ハイファイブ・フィンガー」が、この日のためにわざわざ製作されたことを誇らしそうに話した。