上原10セーブ目!レッドソックス10連敗で止めた

2014年05月27日 16時00分

【ジョージア州アトランタ26日(日本時間27日)発】レッドソックスが敵地でのブレーブス戦に8―6で勝ち、連敗を10で止めた。

 

 守護神・上原浩治投手(39)は2点リードの9回から登板し、1回を1安打無失点で今季10セーブ目を挙げた。

 

 上原は先頭のJ・アップトンを右飛に打ち取るが、ジョンソンには落ちなかったスプリットを左前打される。だが続くシモンズを遊ゴロ併殺に仕留めてゲームセット。力強くガッツポーズを見せると、ウイニングボールを手渡された主砲オルティスとハグを交わし、忘れかけていた勝利の味を体全体で感じた。

 

「やっと勝った、ということですね。長いね」とため息をつくように話した上原は「ひとつ勝っただけで、チーム状況が変わったわけじゃない。また明日から頑張ります」と厳しい表情。自身の投球についても「抑えたというよりも勝ったからそれでいいです」と気持ちを切り替えていた。