フラれたG長野のあいさつに日ハム山田GM相好崩す

2014年05月26日 19時45分

 日本ハム・山田正雄GMが26日、巨人・長野の急襲訪問を受けた。山田GMと長野の関係は2006年の大学・社会人ドラフトで日本ハムの4巡目指名を長野(当時日大)が拒否したことが起点。それを気にかけていた長野が、10年のプロ入り以降、交流戦や日本シリーズなど日本ハム戦のたびに、同GMのもとを訪れてはあいさつをするようになった。

 山田GMは「『もう来なくていい』って言ってるんだけど来るんだよ」と苦い過去を水に流し、すっかり長野マジックのとりこに。この日も自軍の打撃練習を見ようとグラウンドに歩きだした途端、一塁ベンチから走り寄ってきた長野に丁寧なあいさつを受け、うれしそうに相好を崩していた。