「1敗以上に重い」メッセ深刻なビジター病

2014年05月24日 11時00分

李大浩に逆転本塁打を打たれたメッセンジャー

 阪神は23日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に2―4で敗れた。これにチーム内では「1敗以上に重い」との声が上がっている。理由はひとつ。この日、先発し、敗戦投手となったランディ・メッセンジャー(32)が“ビッグチャンス”を逃したからだという。


 5回まで無失点の好投を続けたメッセンジャーだが、6回に突如、崩れた。李大浩の6号3ランなどで4失点し「6回のピンチの場面では最少失点で粘りたかったが、踏ん張りきれなかった」とがっくりだ。この結果には球団関係者たちも肩を落とす。「メッセンジャーが“ビジターアレルギー”を払拭する最大のチャンスだったのに…」と…。


 今季のメッセンジャーは本拠地の甲子園で防御率0・26、4戦4勝と圧倒的な数字を残している。一方、ビジターではこの日を含めて6戦5敗、防御率5・56。典型的な“内弁慶”で、あるOBはその理由を「今季は甲子園で浜風が強いケースが多い。ただでさえ甲子園は広いからメッセンジャーも大胆に攻めている。一方で、セの他球団の本拠地は狭いところが多いから慎重になってそれが裏目に出ているのではないか」と分析。チーム内でも「ただのめぐり合わせでも、それが続くとまずい。本人も気にする」との心配の声が出ていた。


 その点、この日の舞台であるソフトバンクの本拠地・ヤフオクドームは両翼100メートル、中堅122メートルで高いフェンスがそびえる巨大球場。「ここならメッセンジャーも(甲子園のように)大胆にいける。ビジター初勝利の大チャンス」とチーム関係者は期待。ほかにも「今年の交流戦初登板でメッセンジャーの(敵地が苦手との)気分もリセットされる」とか「メッセンジャーはラーメン好きだから博多でテンションが上がるはずだ」との声まで出ていた。


 それが、まさかのまたまたのビジター敗戦となったから、球団関係者たちもがっくり。「ビジターで勝てない理由? 分からない」と元気なく首を振ったメッセンジャー。“ビジターアレルギー”は、いよいよ深刻モードか。