ふなっしー曲で入場の鷹・岩崎に船橋市熱視線

2014年05月24日 10時30分

岩崎には船橋市から熱視線が注がれている

 ソフトバンクは23日の阪神戦(ヤフオクドーム)に4-2で逆転勝利した。先発の岩崎が粘りの投球。今季の本拠地初登板で宣言通り、地元・千葉県船橋市の非公認キャラ・ふなっしーのテーマソング「ふなふなふなっしー」の曲で登場した。

 

「こんな曲をかけて負けたら大変」と話しながらも初回にゴメスに先制2ランを浴びたが、その後は危なげない投球で、5回を3安打2失点。「あの1球がもったいなかった」と悔やんだが、先発の役目はしっかりと果たした。


「(ふなっしーの)お立ち台パフォーマンスも考えてます」と楽しみにしていたお立ち台こそ逃したが、イケメン右腕には船橋市も熱視線を送っている。市の担当者は「船橋市には他にもゆるキャラらがいる。岩崎選手にはふなっしーだけじゃなく、そのキャラたちもアピールしてもらいたい」と熱望した。


 同市には公認キャラ「目利き番頭 船えもん」をはじめ「汗一平」「西船なな姫」などがいる。

 

「『西船なな姫』という小松菜のキャラもいるのですが、その子には『アブラカタブラ西船なな姫』という曲がある。その曲をかけてお立ち台ではふなっしーのアクションをするとか、逆にふなっしーの曲をかけてなな姫が始球式を務めるとか。梨と小松菜なら野菜同士、相性もいいのでは」(同担当者)とプランはふくらむ一方だ。


 船橋を盛り上げるためにも、もっともっと活躍してほしい――。岩崎は故郷の期待に応えられるか。