中日 “大谷効果”で連敗脱出

2014年05月22日 16時00分

 中日が21日の日本ハム戦(札幌ドーム)に4―3で勝ち、連敗を4で止めた。2点を先制される苦しい展開だったが、5回にルナの8号3ランで逆転。一度は追いつかれたが、6回に大島の左前適時打で勝ち越し。打線の奮起で勝利をものにした。

 

 負ければ交流戦連敗スタートに加えて今季ワーストの借金7となるところだった。それを防ぐ白星は“大谷効果”によって生み出されたという。20日の同カードに5―7で敗れた中日だが、先発の大谷からは5点を奪って6回途中でKO。これが大きかったとチーム内ではもっぱらだ。

 

「大谷とは去年も対戦してやられたから、今回は試合前の野手ミーティングで波留コーチ、長嶋コーチ(ともに外野守備走塁打撃担当)が中心となって徹底的に対策をやったんだ。試合こそ負けたけど、大谷を攻略して結果を出した。だからムードは悪くなるどころか、逆に良くなったんだよ」(ミーティングに参加したチームスタッフ)

 

 この日、勝ち越し打を放った大島は「交流戦に優勝したい。交流戦に優勝しているチームはリーグ優勝していますから」ときっぱり。Bクラスに低迷しているチームから普通なら出てこないであろう、こんな言葉も大谷を叩いたからこそなのかもしれない。