秋山采配ズバリ!! 今宮の2本で勝った

2014年05月22日 11時00分

8回、決勝打の今宮は一塁へ向かいながら歓喜の雄たけび

<ソフトバンク2-1広島(21日)>秋山監督の采配がずばりと的中し、ソフトバンクは21日(ヤフオクドーム)も広島に勝ち、2年連続5度目の交流戦Vへ、絶好の2連勝スタートを切った。

 

 秋山監督はこの日、打線へのテコ入れを敢行した。開幕から全試合でスタメンだった本多に代えて、明石を1番・二塁で今季初の先発起用。この用兵が見事に決まった。

 

 打線は広島先発のルーキー・九里に大苦戦。無得点が続いていた。そんな中、6回にその明石が中越え三塁打を放ちチャンスメーク。続く今宮が中前適時打を放ち、待望の先制点を奪った。さらには同点に追いつかれた直後の8回にも、無死一塁から左前打でチャンスを広げ、またしても今宮の勝ち越し適時打につなげた。明石は第2打席でも中前打を放っており、猛打賞の大活躍。第1打席では四球を選んでいて、すべての打席で出塁した。

 

 前日20日の広島戦では、1番・本多、2番・今宮が2人合わせて9打数無安打1四球。「本多も今宮も何とか調子を上げようと頑張ってくれてはいるが、1、2番の出塁率がよくないからね」(藤本打撃コーチ)ということで。開幕から準備を整えていた“スーパーサブ”明石の起用に踏み切った。すると相乗効果で今宮も大活躍。明石がチャンスをつくり、今宮が決めるというパターンで2点を挙げ、赤ヘルを跳ね返した。

 

 先発の帆足はセ・リーグキラーとしての本領を発揮。本人は「たまたまでしょ」と話すが、昨季の交流戦で4戦4勝。この日も7回を投げて5安打無失点に抑えて「投球は全体的によかったと思う。とにかく気持ちで投げました」。

 

 リリーフした岡島が同点に追いつかれてしまい、白星はつかなかったが、今季もセ球団を相手に頼もしい投球を見せてくれそうだ。

 

 セ首位の広島に連勝したソフトバンク。交流戦の戦いに弾みがついた。