開幕8連勝!オリ・西の心の支えはドラえもん

2014年05月22日 16時00分

西は開幕から8試合連続勝利を挙げた

 オリックス・西勇輝投手(23)が、20日の阪神戦(京セラドーム)で白星をマークし開幕から8戦8勝となり、球団新記録を達成した。6回を8安打、2失点の内容に「僕の連勝のことより、完投しないといけなかった。中継ぎの人に迷惑をかけた。野手の人に感謝です」と反省の言葉を並べたが、パ首位のチームはこれで6連勝。森脇監督は「立派だ。成長をしっかりと見せてくれた。どんどん一本立ちしてもらいたい」とさらなる活躍を期待した。

 

 そんな西が“心の支え”にしているのは漫画「ドラえもん」だ。そのコミックやグッズを集めており、ロッカーでも周囲に“ドラえもんクイズ”を出したり「延々とドラえもんのすごさを語っている時もある」(ある選手)という。

 

 誰もがドラえもん好きとは限らず、西のあまりの“熱さ”についていけない時もあるそうだが、チーム快進撃の立役者に少しでも気分よく投げてもらいたいため「ちゃんと聞いてあげていますよ。フンフンって話を合わしています」とのことだ。

 

「せっかく無傷できているから“今日も西に勝たせたい”という気持ちが野手のみんなにあります。去年と比べるとずいぶんと大人になったところはあるけど、子供っぽい部分もまだある。でも、それがあいつのいいところ」(別の選手)。球団関係者も「将来のエースがドラえもん好きでもいいじゃないですか。それが西らしさなんだから少年っぽいところは残しておいた方がいい」と、ほほ笑む。

 

“ドラえもんパワー”で快投を続ける西をチーム一丸でバックアップだ。