巨人セペダは4タコ 大瀬良に脱帽

2014年05月17日 10時34分

<広島7―2巨人(16日)>キューバからやってきた巨人の新助っ人・セペダが、前日に続きこの日の広島戦でも「4番・左翼」で先発出場した。だが、内容は4タコ2三振と散々で、相手先発の大瀬良に「変化球も多彩だし、真っすぐが素晴らしかった」と脱帽した。

 それでも来日2試合目に「昨日よりも試合に臨む時にリラックスできた」とか。チームは今季初の5連敗と厳しい状況にあるが「すごい野手と投手が揃っていると思うので、何かあればガラッと変わる。自分たちを信じよう」と動じることはなかった。