長谷川9回同点弾もむなし ソフトBが延長でサヨナラ負け 

2014年05月15日 11時00分

9回に同点2号ソロを放った長谷川だが、ソフトバンクは延長で惜しくもサヨナラ負け

<ロッテ3-2ソフトバンク(14日)>ソフトバンクは14日、ロッテ戦(QVCマリン)にサヨナラ負けしたが、それでも首位の座は揺るがない。

 

 土壇場で追いついた。立役者は長谷川だ。1点を追う9回一死。マウンドの西野が投じた外角ストレートを強振し、左翼スタンドへと叩き込んだ。値千金の同点2号ソロ。「打ったのは外の真っすぐ。いい感じでとらえられた。とにかく入ってくれ!と思っていた」。若鷹軍団の誇る安打製造機が値千金の一打で、敗色濃厚だった試合を延長戦へと持ち込んだ。

 

 この第4打席まではロッテ先発・古谷の前に2三振を含む3打数無安打に抑えられていただけに、意地を見せた格好だ。しかし、この日はバットだけではなく右翼の守備でも大仕事をやってのけていた。2点のリードを許した直後の4回一死一、二塁。荻野貴の放った右安打で一気に生還しようとした二塁走者の吉田を“レーザービーム”で本塁憤死させた。

 

 ここで失っていれば致命的となりかねない追加点を強肩で食い止めた背番号24。やはり頼りになる男だ。

 

 しかし延長11回、6番手の嘉弥真が二死一、二塁のピンチを招き、最後は荻野貴に適時打されサヨナラ負け。長谷川のせっかくの一発は空砲に終わった。