ノリにも影響? DeNAにキューバ危機発生か

2014年05月13日 11時00分

【デスクと記者のナイショ話】

 

 デスク:DeNAがキューバ選手を獲得して急場をしのぐって?

 

 

 遊軍記者:…。ユリエスキ・グリエル内野手(29)のことですね。2004年アテネ五輪から代表に選ばれているキューバの主力で、巨人入りが決まったフレデリク・セペダ外野手(34)より若いし、内野ならどこでも守れるので使い勝手も良さそうです。

 

 デスク:チームの調子も上がってきたし、得点力不足に悩むDeNAにとっては追い風となりそうだな。

 

 記者:ただ、問題はあります。DeNAにはバルディリス、ソーサ、モスコーソの3助っ人が一軍にいて、左大腿二頭筋肉離れで戦線離脱中のブランコも交流戦には戻ってくる予定ですから。グリエルを使うには誰かを落とさなければなりません。

 

 デスク:落とすとすれば投手か…。でも、先発のモスコーソは既に3勝をマークしているし、セットアッパーのソーサも外せない。中畑監督も悩みどころだな。

 

 記者:別の問題もあります。

 

 デスク:ひょっとして…ノリ?

 

 記者:ええ。采配批判で二軍に懲罰降格となった中村は「頑張るしかない」とファームで汗を流していますが、グリエルは右打者で内野ならどこでも守れる上に中村より10歳以上も若い。獲得に成功すれば、中村の出番は確実に失われます。

 

 デスク:そうなれば、もうひと悶着起きても不思議ではないな。

 

 記者:まさにキューバ危機です。

 

 デスク:ダジャレで締めるんかい!