ノリ恩師が語る懲罰騒動の核心

2014年05月11日 11時00分

伊勢コーチ「あいつの主張は的外れでもない。でも…悪いのはノリ(顔写真)」

 監督批判により二軍へ懲罰降格となったDeNA・中村紀洋内野手(40)が9日、神奈川・横須賀の二軍施設で練習に参加した。騒動後、初めて姿を見せた中村は「頑張るしかない」と表情を引き締めたが、そもそも今回の中村の主張は単なるわがままだったのか。近鉄時代に中村を指導した恩師でもある、ヤクルト・伊勢孝夫二軍チーフ打撃コーチ(69)が、懲罰降格騒動の核心に迫った。

 


 中村は7日のフェイスブック(FB)で「走者を場面によっては動かさず、打撃に集中させてほしいとコーチに相談させてもらいました。そうしたところ登録抹消だということでした」と明かした。その「場面」とは6日の巨人戦の8回無死一塁。DeNAは2―1と1点リードしており、一塁走者は俊足の梶谷。ここでベンチのサインは「グリーンライト」。つまり「走者自身の判断で行けると思った時に盗塁しろ」ということだ。


 伊勢コーチ:試合終盤でグリーンライトのサインが出ることは十分に考えられる。それはリードしているしていないにかかわらず、どうしても1点が欲しい時。どんなに打席に信頼できる打者がいたとしても、走者を動かす作戦はある。うしろの投手のことも考え、DeNAベンチは少しでも点差を広げておきたいと考えたのだろう。ただ、5点差で負けている時などは走者をためることが先決だから、グリーンライトはまず出ない。今回の状況的に、作戦としては問題ないサインだと思う。


 それでは「走者を動かさずに打撃に集中させて」というのは中村のわがままだったのか。


 伊勢コーチ:ノリは近鉄時代から知っているが、自分の都合だけで物を言うようなやつではない。チームが勝つために最善の策は何なのか。それを常に考えているし、ノリなりの考えがあったのだろう。無死一塁で走者が梶谷だったら、盗塁の危険を冒してノリのタイムリーを待つよりも、そのままノリが打って外野の間を抜いたら1点だ。無死二塁で一塁が空いたら、打点の多いノリは歩かされるかもしれない。そういうもろもろのことをあいつは考えながらプレーしている。だから、あながち的外れなことを言っているわけではないと思う。