ソフトB・中田 バットでの貢献にも意欲的

2014年05月09日 10時59分

交流戦での柵越えを“予告”した中田

 ここまで5勝でチームの勝ち頭となっているソフトバンク・中田が、バットでの貢献にも意欲を燃やしている。

 

 8日から交流戦に備えた投手のバント練習が始まり、昨季まで中日にいた右腕は「ずっと練習させられてましたので」と抜群のうまさを見せた。投手としては打撃を得意とするタイプとあって「(試合で柵越えを)打てたらいいですね。これまではフェンス直撃(の安打)が最高なので」と話した。