中畑監督「心底話し合って、こういう結果になった」

2014年05月08日 16時00分

中畑監督

 DeNA・中村紀洋内野手のフェイスブックでの“心情告白”を受けた中畑監督は7日、「内容は少し聞いた。ただ、いちいち反応しない。そうすると堂々巡りになるし、言った、言わないというのが俺は一番嫌だ。(内容を受けて)「そうですか」と反論することもない。中村とは今日、ホテルで40~50分話した。心底話し合って、そこでこういう結果になったから、もう話すことはない。(本人は)納得はしていないんじゃないか。ただ、功労者であり大事にしてきた選手だから、誠意は尽くした」と語った。

 山下大輔チーム統括本部GM補佐の話=「一連の報告は受けている。フィールドのことは現場に任せるということ。なので、監督はそう(チーム方針に従わない言動があったと)判断したんじゃないか。(ノリはコーチに「相談」したところ「監督批判」になったとしたが)ああ言ったこう言ったというのはあるかもしれないが、そう(監督批判)取られても仕方がないのではないか。(采配は)あくまで現場の判断、監督が最終判断をするわけだから。(今後は)あくまでチームが一つになって戦う、そういう意識を持って本人が戻ってくるのが一番いいと思う。(トレード志願などは)聞いていない」