巨人打線爆発の裏にノリ造反騒動

2014年05月08日 16時00分

本塁打した村田(右)をグータッチで迎える阿部

 巨人は7日のDeNA戦(東京ドーム)で得意の空中戦を展開。5本塁打を放って10―2で圧勝した。前夜は1得点と湿っていたのがウソのように打線が大爆発した理由を探ってみると、行き着いたのは三塁側ベンチ。なんと、DeNAの“ノリ造反騒動”がG打線点火の引き金になっていた――。

 

 スタメン3人を入れ替えた原監督の大胆起用がはまった。前日はベンチを温めたロペスが、相性抜群の尚成から通算3発目となる10号ソロを放てば、3試合ぶりスタメンの井端も2回に勝ち越し適時打。

 

 8回には阿部に代わってスタメンマスクのルーキー小林にも、うれしいプロ1号の2ランが飛び出した。その他にもアンダーソンが今季2発目の満塁弾を放ち、村田も負けじとソロ2発。計5本塁打で、本調子ではなかった先発の杉内を強力援護した。

 

 原監督が「逆の立場からすれば、苦しい状況になるでしょうね」と絶賛したのは6回の攻撃だ。二死から坂本が粘って四球を選び、井端が渋い安打でつないだ。さらに長野が二失で出塁するとアンダーソンがグランドスラムで勝負を決めた。前夜の1点差負けから一転して、本来の破壊力を見せつけた巨人打線だが、再点火の原動力となったのが、試合前に発覚したDeNAの“ノリ造反騒動”だった。

 

 試合開始直前、三塁側から漏れ伝わってきた騒動の概要を聞いて、巨人ナインや首脳陣は、みなあきれ返った。「(中村と中畑監督)どちらが悪いとかはともかく、そもそも今の巨人では起こり得ないこと」(主力選手)だったからだ。

 

 現在の原巨人では、4番の打席で走者が盗塁することも決して珍しくはない。阿部や村田といった主軸に犠打のサインが出ることさえある。もちろん、そうしたチーム方針を批判する言動は絶対に許されない。巨人側にはDeNAが「チームとしてまとまっていない」と映るのも当然で、選手によれば「あんなことでゴタゴタしているチームには負けられない」とベンチは一丸になったという。

 

 その言葉通りに大勝した巨人ナインは、試合後に余裕の表情で「ところで詳しい理由は判明したの?」「ノリさんの今後はどうなるんだろう」などと周囲に逆取材。いつもの噂好きなやじ馬に戻っていた。