巨人2位に浮上 得意の空中戦でベイ投手陣を粉砕

2014年05月08日 11時00分

プロ初本塁打を放った小林(右)は手荒い祝福を受ける

<巨人10-2DeNA(7日)>巨人は7日、お家芸の空中戦でDeNAに快勝し、今カード今季初黒星を喫した前夜6日の雪辱を果たした。先発の杉内は2被弾を含む6回2失点と苦しんだが、スタメン3人を入れ替える打線改造が実を結び、前日スタメン落ちのロペスの意地の10号ソロを含む、5本塁打でベイ投手陣を粉砕。勝率で阪神を上回り、2位に浮上した。

 

 原監督は選手のプライドをくすぐるのが得意な指揮官だ。前日スタメンを外されたロペスは、試合前のグラウンドで静かに燃えていた。直近5試合では19打数2安打。スランプから脱しようと、志願の早出特打ちで快音を響かせていた。その後のフリー打撃では珍しくうなり声を上げながら、力強い打球を中堅方向にはじき返していた。

 

 昨季結果を残しているロペスからすれば、2年目の今季は不動のレギュラーだという自負がある。スタメンを外された悔しさを試合で見事にぶつけた。1点リードで迎えた3回一死、DeNA先発・尚成の2球目真ん中の直球を叩き、ライトスタンドへチームトップの10号ソロをぶち込んだ。

 

 普段物静かな助っ人は「今日はあえて投手の傾向とか、前回対戦の内容は考えず、中堅方向に打つことだけを考えていたんだ。早出打撃でつかんだ感覚がそのまま出せたよ」と冗舌に振り返った。尚成からは、これで3戦全発。抜群の相性の良さを発揮している。

 

 実は原監督が前日ロペスを外したのは、単に不振だからではない。主力のコンディションを見極め、この日は阿部、片岡、高橋由を下げている。「長丁場の9連戦ということを考えて」休養目的での措置だったが、ロペスの闘志に火を付けるには絶好のタイミングだったということだ。

 

 3戦ぶり先発出場の井端も2回に同点適時打を放って指揮官の起用に応えると、6番に打順が下がった“元主砲”村田も意地の2発。アンダーソンは6回に満塁弾を放ち、ルーキーの小林にもプロ初1号の2ランが飛び出した。

 

「野手の方々に申し訳ない気持ち」と頭を上げた先発の杉内は、ソロ2発を浴びて6回5安打2失点とスッキリしない内容ながら、打線の援護に助けられて今季3勝目を手にした。

 

 先の戦いを見据えながら、各選手の状態やモチベーションに目を凝らして用兵するのが原監督の真骨頂。巨大戦力を自在に操って、目標の日本一奪回へ突き進む。