メンドーサもう怖くない 長谷川V打 鷹首位譲らず

2014年05月06日 09時00分

6回、決勝打を放った長谷川

 ソフトバンクは5日、日本ハム戦(ヤフオク)に3―2で逆転勝ちし2連勝。この日の相手先発は苦手のメンドーサだったが、鷹打線は3安打に抑えられながらも少ないチャンスをものにし、3点を奪い取った。日本ハム・中田キラーとして期待された先発の大場は、初回、その中田に適時打を許すなど、5回途中で降板。それでもリリーフ陣の奮闘で白星をつかみ取り、首位をがっちりキープした。

 鷹打線はメンドーサに3回までパーフェクトに抑えられていた。だが1点を追う4回、今宮、内川の連打で一死一、二塁として、相手のミスで逆転に成功した。三塁手・近藤の適時失策で同点に追いつき、さらに暴投で勝ち越した。

 再び同点となった6回には、二死一、二塁の好機から左の安打製造器・長谷川が決勝打を放った。チェンジアップを逆方向へ運び、左翼フェンス直撃の勝ち越し適時二塁打とし「いやあ、イメージ通りの打球を打つことができましたよ」と笑顔を浮かべた。

 昨季は大きく進化を遂げて、最多安打と首位打者の二冠に輝いた。当然ながら相手バッテリーのマークは厳しくなっている。長谷川は「すべての球を打たなくちゃいけないわけではない」と気にせず、自分の打撃を徹底することを心がけている。

 前日4日の楽天戦では、10安打を放ちながら松田の9号ソロによる1点だけに終わった。この日は相手のミスに助けられたとはいえ、数少ないチャンスを確実にものにして、苦手のメンドーサから3安打で3点を奪った。次につながる攻撃といっていい。

 先発・大場は9連戦でめぐってきた今季初登板のチャンスで今ひとつの投球となってしまった。昨季、4番の中田を6打数ノーヒットに抑えた相性を買われての抜てきだったが、初回にその中田に左翼線へ先制の適時二塁打を打たれた。

 2回から4回まで1人の走者も許さない投球を見せたが、リードをもらって勝ち投手の権利を賭けて臨んだ5回に再び乱れた。一死三塁から市川の適時打で同点とされ、陽岱鋼の安打、大引への四球でなおも二死満塁のとなったところで、降板を命じられた。「(連戦で)チームが苦しいときだけに先発投手として最低、5回は投げなくてはいけなかったのだが…」と渋い表情だった。

 このピンチを森福がしのぐと、その後も小刻みな継投で逃げ切り、首位をキープしたソフトバンク。今後もしぶとく勝ってペナントレースをリードする。