絶妙“キクマル”コンビ 足で逆転

2014年05月06日 09時00分

5回裏2死一、二塁、丸の右前適時打で堂林が生還した後、丸が一、二塁間に挟まれたが、その間に菊池がホームイン

 広島は5日、DeNA戦(マツダ)に5―2で逆転勝ちし、2連勝で貯金を今季最多タイの「?」とした。5回、菊池と丸の“キクマル”コンビが持ち前の“足”を生かして逆転に成功。投げては投げては先発・バリントンが7回2失点の好投で4勝目、守護神ミコライオがリーグ最速の?セーブ目をマークし「こどもの日」を白星で飾った。

 赤ヘル自慢の機動力が1点を追う5回にさく裂した。二死から堂林、菊池が加賀美から連打でチャンスメークした。一、二塁から丸の適時打で同点。その丸が一、二塁間で挟まれている間に菊池が本塁を陥れた。抜け目のない走塁で勝ち越しを決め、続くエルドレッドは適時二塁打で、DeNAを突き放した。野村監督は「キャンプでやってきたこと攻撃ができた」とうなずいた。

 相手の隙を突く見事な走塁で勝利への流れをつかみ取った。この足攻は“キクマル”コンビのあうんの呼吸が生み出したものだ。菊池は「(捕手が)ファースト側に投げたときは(ホームに)いくということになっている。僕と丸の間で意志が通じたということだと思う」と振り返り“囮”となった丸は「当たり前のことができた」と胸を張った。

 昨季もセ・リーグトップの112盗塁をマークするなど機動力を発揮した赤ヘルだが、今季はさらに走塁を研ぎ澄ましている。野村監督は「フライでも全力疾走ということは言っている。そうしないとゴロなどで送球が高かったときに走っていればと自分にしっぺ返しがくることになる」とキャンプ中から走塁の重要性を強調してきた。そのおかげで守備の隙を突いたタッチアップなど攻撃的な走りで相手に脅威を与えている。

 6回にも打線がつながり2点を追加。投げてはバリントンがソロ2本による2点だけに抑え、最後はミコライオが相手の反撃を完璧に封じた。野村監督は「1、2点取られてもピッチャーが踏ん張ってくれれば何とかなるという空気がある。この空気を大事にしてやっていきたい」。走攻守に充実しているカープ。こいのぼりの季節が終わっても、この勢いは止まらない。