谷繁Vだ!!兼任監督が自らのバットで勝利導く

2014年05月05日 09時00分

お立ち台で満面の笑みを浮かべる谷繁兼任監督

 自らのバットで暗闇のトンネルを抜け出した。4日の巨人戦(ナゴヤドーム)で中日・谷繁兼任監督が2本の価値あるタイムリー。指揮官の活躍でチームの連敗を5でストップした。

 先発・カブレラが2回、押し出し四球で先制される嫌な流れ。しかし、その裏に和田が中前適時打を放ちすぐさま同点に追いつくと、さらに一死一、二塁から谷繁監督が右前に勝ち越しの適時打。悪い流れを完全に分断した。「ヒットゾーンに飛べば(走者が)返ってくると思って食らいつきました」

 4回には貴重な追加点を奪う適時二塁打。3試合ぶりのスタメンマスクとなった守りでは本調子ではないカブレラを見事にリードして6回を最少失点で切り抜けた。

 試合後、兼任監督として初のお立ち台に立った指揮官は「いやぁ何か照れくさいですね」と苦笑い。インタビュアーから「監督」と呼ばれると「監督はやめていただきたい。選手として上がっているので」と異例の“ダメ出し”もした。

「(お立ち台に)立ったら選手だけで聞いて欲しい」

 自分のことだけを考えていれば良かった選手時代。今は指揮官として考えなければならないこと、やらねばならないことが山ほどある。一喜一憂などできない。だからこそヒーローになった試合ぐらい選手・谷繁に戻って無邪気に喜びたい。