併殺G獄 リズム悪く野手に悪影響 内海悲運

2014年05月05日 09時00分

浮かない表情でベンチに引き揚げる内海

 巨人・内海が長いトンネルから抜け出せない。4日の中日戦(ナゴヤドーム)も6回3失点と粘りを見せたものの、チームは1―3で敗れ今季3敗目。5月に入って最初の登板でも勝ち星に恵まれなかった。リズムを作れなかった左腕に引きずられるように、打線もプロ野球記録にあと1つと迫る1試合5併殺を喫するなどさんざんだった。G投リーダー・内海の精神状態が心配だ――。

「リズムが悪く野手の方に迷惑をかけてしまいました。状態もあまりよくなかった。甘いボールが多かったです」。内海がこう話したように、先発がリズムを作れないと、試合の流れを引き寄せるのは難しい――。それを象徴するような試合だった。

 今季初勝利を目指して6度目の先発マウンドに上がった左腕は毎回走者を背負う苦しい投球。2回から6回までは毎回、先頭打者に安打を許した。1点リードの2回には平田、森野の連続安打であっさり同点。さらに一死一、二塁から谷繁に適時打を打たれ、勝ち越された。内海は4回にも一死一塁の場面で谷繁に直球を痛打され追加点を献上。打たれれば、相手に勢いを与えかねない選手兼任監督という存在。絶対に打たれてはいけない打者を抑え切れなかった。

 持ち前の粘りでなんとかゲームの崩壊は免れ、首脳陣から「内海なりにゲームを作ってくれた」(川口投手総合コーチ)と一定の評価は得た。だが、攻撃陣に奮起を促すのには物足りなかった。

 一方の打線は初回に無死一、二塁から3番・長野が犠打を失敗。この回無得点に終わると、その後はすべて強攻策に出た。だが、中日・カブレラの荒れ球の前に走者を出しては併殺打を連発。マウンド上の左腕同様、なかなかリズムを作れなかった。ゲッツーの数はプロ野球記録の1試合6つに迫る「5」。采配が裏目に出た原監督は「いくつ? 5つ? クァ~。点を取るということは難しい作業ですね」とため息をつくしかなかった。

 内海の前回登板では首位・広島相手に7回無失点。マエケンとの息詰まる投手戦を演じながらも、白星はつかなかった。そのため野手はこの日「今日こそ内海に勝ちをつけよう」と並々ならぬ思いを持って打席に入っていた。ところが、気持ちは空回りするばかりで、結局、得点は2回の押し出しによる1点のみ。あまりに不運が続く左腕には川口コーチも「運が回って来ないんだよ」と苦笑いだ。

 出口の見えないトンネル入ってしまった内海。心が折れてしまう前に、なんとか白星がほしい。