篠田3回4失点今季最短KO 救援陣も醜態

2014年05月04日 09時00分

3回、梶谷に2ランを浴び、うなだれる篠田

 広島が3日のDeNA戦(マツダ)を3―9で落とした。先発・篠田が3回4失点と今季最短で降板。エルドレッドの10号3ランや松山の適時打など打線が意地を見せ、中盤に追い上げたが、終盤にリリーフ陣が打たれて試合を決められてしまった。9連戦の初戦を落としてしまった赤ヘル。鯉のぼりの季節本番だけに、連敗だけは避けたいところだ。

 篠田が先発の役割を果たせなかった。初回、無死一、三塁から併殺の間に1点を失った左腕は、3回一死から四球を与えた直後の初球を、3番・梶谷に右翼席へ豪快に運ばれた。その後も挽回することができず、左腕は3回4失点と今季最短でのKO降板となった。

 野村監督は「ストライクを取るのでいっぱいいっぱい。悪かったので早めに変えた」と苦言。篠田は「どんな状況でのゲームを作らないといけない。コントロールを含め気になるところがあったのでビデオを見返して修正したい」と猛省した。

 また、ビハインドでのリリーフという課題も克服できなかった。4回からマウンドに上がった梅津は、梶谷にソロアーチを浴びたもののこの1点で踏ん張り、6試合ぶりの登板となった中田も無失点で切り抜ける好投。しかし、3点を返して反撃ムードとなった7回に永川が代打・筒香に適時二塁打を浴び、大きな1点を失ってしまった。5番手の上野も2回3失点と踏ん張ることができなかった。

 指揮官は「追い上げムードになったところで取られてしまった。勝ちパターンではないピッチャーには、こういう試合をひっくり返すというのを期待して起用しているが…。後ろでいった人が辛抱してひっくり返すことができれば」と渋い表情だ。一岡、ミコライオなど勝ちパターンの投手はリードを守る役割を果たしているが、追い上げる展開でのリリーフ陣が踏ん張れない状況が続いている。

 打線は5点を追う6回に菊池、丸の連打から好調・エルドレッドが10号3ラン。8回には二死一、二塁から松山が適時打を打つなど食い下がっただけに、投手陣の粘りがほしいところ。鯉のぼりの季節とあってマツダスタジアムは3万1676人の観客が詰め掛けた。今日4日はエースの前田が先発を務めるだけに、投打の噛み合った試合で歓喜の勝利といきたいところだ。