ボウカー入団会見「マシソン打ちたい」

2014年05月04日 09時00分

入団会見を行ったジョン・ボウカー、左は安部井寛統括部長

 楽天の新助っ人・ボウカーが3日、コボスタ宮城で入団会見に臨み「安定した打撃で貢献し、連覇の一員になっていきたい」と意気込みを語った。今季終了までの契約で年俸1500万円+出来高払い、背番号は「42」となった。

 ボウカーは2012年から2年間、巨人でプレーし、通算で打率2割3分5厘、17本塁打、56打点。今季はメキシカンリーグのカンペチャ・パイレーツでプレーし20試合に出場し本塁打1本、打率3割の成績だった。日本に戻ってきた左打者は「(巨人の)マシソンとの交友は続いている。対戦したら直球を打ちたい」と古巣との対戦を心待ちにしていた。(金額は推定)