ベイ打線上昇に一役買った「モーガンの置き土産」

2014年05月02日 16時00分

中村のTポーズにベンチは大盛り上がりとなった

 DeNAが1日の中日戦(横浜)に12―6と大勝し、今季初の3連勝を飾った。

 5点差がありながら、投手陣の乱調で一時は同点に追いつかれたとあって、試合後の中畑監督は「こんな試合をやってはいけない。情けない」と厳しい表情を崩さなかった。

 とはいえ、打線は11安打12得点の猛攻と上向きつつある。そこにはあの勝利ポーズの復活が関係していた。この日、8回二死満塁からダメ押しの2点打を放った中村は二塁上で両手で「T」のポーズを作った。それを受け、ベンチにいた中畑監督も同様のポーズを取るなど、大盛り上がり。

 これは昨年まで在籍していたモーガンのパフォーマンス。チャンスで打った時など、何かといえば「T」ポーズを作ったモーガンはムードメーカーとして一役買った。

 それを最近になって復活させたのは「正直、負けが込んでいて、ベンチ内の暗さ解消がテーマとなっていた。そこでモーガンのあのポーズを復活させて、少しでも盛り上げようと選手間で自然発生的に行うようになった」(チームスタッフ)という。

 確かにこの日は、ベンチ内の盛り上がりは最高潮。今後も勝利ポーズの継続で、まずは借金10の完済を目指す。