上原が復帰初セーブ

2014年04月19日 10時53分

【マサチューセッツ州ボストン18日(日本時間19日)発】レッドソックスの上原浩治投手(39)が、今季3度目となる試合後の深夜移動で本拠地ボストンに戻った。

 前夜は敵地でのホワイトソックス戦の9回から登板し、1回を1安打1三振無失点に抑えて今季3セーブ目をマーク。11日に右肩の張りを訴え、一時的な登板回避からの復帰となったが、本人は「怖さがある」と不安を隠さなかった。一夜明けとなったこの日は遠投の距離を普段よりも短い50メートルほどでとどめたが、田沢純一投手(27)を相手に行ったキャッチボールなど、普段通りのメニューをこなした。今季はここまで6試合に登板、0勝0敗3セーブ、防御率0.00。オープン戦から無失点が続いている。