11点大爆発 「久保発言」に燃えた竜ナイン

2014年04月16日 16時00分

4回、平田の適時打で生還した荒木を迎える中日ベンチ。手前は打たれた久保

 中日は15日のDeNA戦(ナゴヤドーム)に11―6で大勝。3連敗を阻止するとともに、ナゴヤドームでの連勝を5に伸ばした。

 

 先発野手全員の今季最多16安打。打線が大爆発した裏には相手先発・久保が前日(14日)“飛びすぎる統一球問題”について「良い投手、悪い投手が分かるから良いと思う。イメージ通りに投げられれば抑えられる。技術力を見せることができる」と発言したことも関係している。

 

 これを竜ナインは久保が“中日打線を封じることができる”と豪語したように解釈。「あそこまで言われて、今日の試合でそのままピシャリと抑えられたらマジで格好がつかない。何としても今日は(久保が)“悪い投手”となるように絶対に打ち崩して黒星をつけたらないかん」と鼻息を荒くしていた。そして試合では久保に10安打を浴びせ、6点を奪い、4回途中でKOしたのだ。

 

「ある意味、選手たちにとっては(久保の発言が)モチベーションになって良かったよ」とはチーム関係者。「今日は先発投手として最悪の内容だった」とうなだれた久保とは対照的に試合後の竜ナインはドヤ顔だった。