投打の柱欠いた巨人6連勝ならず

2014年04月07日 10時29分

大竹(左)と話す小林

<巨人3-4中日(6日)>巨人は6日の中日戦(ナゴヤドーム)に2―4で敗れ、連勝は5でストップした。先発の大竹は6回4失点。持ち味を発揮できず今季初黒星を喫した。

 

 この日は前日5日の試合で死球を受けた阿部が欠場。ドラフト1位ルーキー・小林がプロ初スタメンのマスクをかぶったが、竜打線を抑えきれなかった。阿部に加え、中継ぎエース山口がインフルエンザで療養中と2人の“柱”の不在の影響がもろに出てしまった。