早すぎるヤクルトの打線変更に疑問の声

2014年04月05日 16時00分

今季1号を放ったミレッジ

<ヤクルト5-2阪神(4日)>ヤクルトが4日の阪神戦(神宮)に5―2で勝ち連敗を2でストップ。先発の小川が8回7安打2失点で2勝目を挙げれば、4番を外れたミレッジにも待望の一発が飛び出した。

 

 5回にメッセンジャーから1号2ランを放ったミレッジは「バレンティンにつなげようという気持ちで、食らいついた」と笑顔で振り返った。

 

 開幕から4番に座り、3番・バレンティンに続く、ポイントゲッターとして期待されたが「バレンティンの後だと、どうしても力んでしまう。本人にもプレッシャーになったようで本来の打撃ができていなかった」(首脳陣)ことから、開幕4試合目となった2日の広島戦から従来の「3番・ミレッジ、4番・バレンティン」の並びに変わっていた。

 

 しかし、本来3番にバレンティンを置く超攻撃的打線は、今季の目玉だったはず。初回からバレンティンに必ず回ることで相手投手にプレッシャーをかけるとともに、序盤から大量点を狙い、弱い投手陣を助けるという狙いがあった。

 

 ところが開幕からわずか4試合目の“軌道修正”とあって「少し早すぎる。また、これで勝てなかったら元に戻すのか」とチーム内からは疑問の声もある。

 

 幸い、チームに安打は出ているだけに「今はつながりの良さを重視している。当分、この形でいく」という首脳陣だが、今後も試行錯誤は続きそうだ。