上原にチャンピオンリングも「去年は振り返らない」

2014年04月05日 16時00分

【マサチューセッツ州ボストン4日(日本時間5日)発】レッドソックスはこの日、本拠地開幕戦を迎えた。ブルワーズ戦の試合前に2013年ワールドシリーズ制覇を記念したチャンピオンリングの授与式を行った。場内では昨季のハイライト映像を紹介したり、選手たちがチャンピオンフラッグと星条旗をバックスクリーンに掲揚するなど、セレモニーは40分にも及んだ。

 

 前日のオリオールズ戦で今季初セーブを挙げ、自ら39歳の誕生日に花を添えた上原浩治投手は最後から2番目に紹介されると地元ファンから大声援を送られた。上原は「(レンジャーズでリーグ優勝を果たした)2年前は悔しい思いのリングだったが、今年はいい思いのリングをもらったのでうれしかった」と喜んだが、「ただし、改めて(去年を)振り返ることはない。シーズンはもう始まっているので」と気持ちを切り替えていた。

 

 チームは2―6で敗戦。連投していた上原の出番はなかった。