宇野氏「負けてもなお谷繁中日は不気味」

2014年04月05日 16時00分

試合前に話し込む宇野氏(右)と原監督

<宇野勝 フルスイングの掟>タツノリ、監督通算800勝おめでとう!巨人・原監督とは、それぞれ学校は東海大相模、銚子商と違ったが、ともに同じ時期に甲子園を目指し戦った同級生。それだけに偉業はうれしいし、誇らしい思いでいる。しかし、敗れた中日も悲観することはない。試合は中日打線が巨人・菅野に8回無得点に抑えられるなど、0―2。完敗にも映るが、この一戦で原監督は「谷繁はやはり手ごわい」と感じたはずだ。

 

 谷繁兼任監督が就任した新生中日について原監督に話を聞いたことがある。その時に、最も警戒していたのが「谷繁のしぶといリード」。今の時代はスコアラーから膨大なデータが入ってきて、それを基本にリードするが、谷繁監督は、それだけでなく現場で相手選手の動きを見ながら巧みにリードができるのが強み。若手捕手がなかなかトータルで谷繁監督を抜けないのもそうした面があるから。原監督もその部分を認めていた。

 

 この試合でも谷繁監督は、決して調子がよくなかったベテランの川上をうまくリードして、5回を2点で切り抜けた。負けたとはいえ、僅差の勝負に持ち込んだそのインサイドワークは、原監督にさらなる強い警戒感とインパクトを残すことに成功したと思う。

 

 原監督は中日の野球について「ピッチャーを中心とした堅いディフェンス」というイメージも持っていたが、そうした意識も、この一戦でさらに強くなったことだろう。6回途中から登板した3番手のドラフト2位ルーキー・又吉は長野、松本哲、村田の3人から生きのいい真っすぐで三振を奪った。「また中日にいいピッチャーが出てきた」との印象を与えたのは間違いない。

 

 今年はこの又吉だけでなく、2年目の福谷も150キロを超える生きのいい球を放っている。この2人に加え、田島が安定すればリリーフがしっかりして中日らしい守り勝つ戦いができる。巨人に大勝などはできない。僅差で勝っていくしかない。そこでしぶとく勝ちを拾うのが中日らしさであり、相手が嫌がる部分でもある。そうした戦いを続けていけば、巨人とも十分戦える。(本紙評論家)

関連タグ: