AJ“送りバント”で動揺誘い天敵・摂津退治

2014年04月05日 11時00分

AJに揺さぶられた摂津(右)

<楽天6-3ソフトバンク(4日)>楽天打線が2012年から昨季まで9連敗を喫していた“天敵”ソフトバンク摂津を見事な集中攻撃で攻略した。

 4回、先頭の銀次が、この日チーム初安打を左前に運ぶと、続くジョーンズは初球のシンカーに対し、送りバントの構え。もちろんこれはポーズだが、元大物大リーガーの思わぬ行動に、摂津はその後、4球連続でボールと制球を乱した。

 続くユーキリスは一度もバットを振ることなく四球を選び無死満塁。ここで後藤の当たりは遊撃と中堅の間にポトリと落ちるラッキーヒット。まんまと1点を先制した。

 後藤は2日のオリックス戦で4回一死満塁のチャンスに二ゴロ併殺に倒れ、先発した黄金ルーキー・松井裕を援護できなかった。汚名返上の先制打を「2日前、チャンスで併殺を打っていたので何とか走者をかえしたいという強い気持ちで打席に入りました。“魂”で打ちました。いいところに落ちてくれてラッキーでした」と喜んだ。

 後藤に続いたのがベテラン松井稼だ。摂津の直球を狙い澄ましたように振り抜いて中前にはじき返し、チームに2点をもたらした。「そう甘いボールを投げてくる投手じゃないので早いカウントから積極的に振っていこうと思っていた」

 なおも一死二、三塁から聖沢が右翼に大きな犠飛を打ち上げ、この回一挙4得点。結局、摂津を6回で降板に追い込み、昨季の日本一軍団の意地を見せた。

 チームは開幕カード3連勝の後、本拠地でオリックスに3連敗。特に打線の状態が良くなかった。鷹のエースを見事に打ち崩したことは、再浮上のきっかけとなりそうだ。