ふなっしーが雨のQVCマリンで“大暴れ”

2014年04月03日 14時27分

“幻の始球式”を務めたふなっしー

 千葉県船橋市の非公認キャラクター・ふなっしーが3日、ロッテ—西武戦(QVC)で“幻の始球式”を務めた。

 試合前にはロッテの先発メンバーを放送室からアナウンス。「5番、レフト、サブローォー、背番号3番なっしー!」と独特の裏声で発表していくなど、大はりきり。地元千葉の観客から大きな声援を受けていたが、その直後にあいにくの雨で試合中止が発表されてしまった。

 それでも雨の中、球場内に残っていた観客のため、始球式を敢行。打席に立ったロッテ・清田に対し、右腕から繰り出されたストレート(本人談によると「ナシンカー」)は“ゴロ”となってしまったが、捕手役を務めたアジャ井上のグラブに収まった。

 その後は奇声を発しながら場内を一周。雨中ヘッドスライディングを要求するライトスタンドのファンの声には「無理なっしー!」と悲鳴を上げるなど、持ち前のハイテンションな言動でファンサービスに一役買っていた。