ソフトB大勝にも松中は“複雑な表情”

2014年03月29日 11時00分

ベンチ前の盛り塩が踏み崩されてしまった

 28日、ロッテとの開幕戦に大勝したソフトバンク。試合前のベンチではちょっとした“事件”が起きていた。

 ベテラン・松中が熊本の神社で護摩焚きされた塩を、開幕恒例の“儀式”としてベンチ前に盛ったのだが、練習中に何者かがそれを踏み崩してしまったのだ。一度盛り直したものが再度崩されてしまい、さすがの松中も「神様からバチが当たるよ。足形まで付いて…」と複雑な表情だった。