勝負の年…井川激白「オープン戦で抑えても金にならない」

2014年03月17日 16時00分

【核心直撃】オリックスに移籍して3年目の井川慶投手(34)が、14日のロッテ戦(QVC)に先発し、4回3安打1失点。オープン戦2度目の登板でまずまずの投球を見せた。この2年は期待を裏切ることも多かったが、今年はどんな気持ちで臨んでいるのか。マイペース男でもあるベテラン左腕に聞いた。

 

 ――キャンプから精力的な動きが目立っている

 

 井川:毎日、選手のターゲットを決めて「今日はこの選手に勝とう」と思ってやってます。ウエートやアップの時に「この選手に負けたくない」と思って頑張る。それを日々のモチベーションにしてます。ぐだぐだやっていてもダメなんで。

 

 ――前回登板の7日の巨人戦では3回9安打5失点と打ち込まれたが、気にならなかったのか

 

 井川:打たれると課題が見えるからいいんですよ。オープン戦で抑えても金にならない。打たれていい時期は今しかないですから。シーズンはどんな状況であれ、点数を与えちゃいけないし。

 

 ――今季にかける思いは

 

 井川:結果を出そうとかそういう意味ではなく、悔いが残らなければいいかなって。それだけ。ケガで投げられないとかにならないように。

 

 ――そうはいっても移籍して3年目。結果を求められる

 

 井川:チームのためにというものはある。この2年間、全く仕事をできていないんで。とにかく悔いのないシーズン送ればチームに貢献できると思ってます。

 

 ――目指すのは先発ローテ入り

 

 井川:それは首脳陣が決めること。自分は必要とされる時に「ここに井川がいる」というのを見せたい。存在感。ケガでいないんじゃなくてね。

 

 ――体調面は

 

 井川:キャンプから球団の栄養士の方に進められて豆乳を飲んでます。腹が減った時に飲んだら腹が膨らみますから。食事中は普通に食べるからいいんですけど、のどが渇いたり、腹が減った時に飲んでくれと言われているので。1日何リットルもじゃないですけど。おかげで調子はいいですよ。真っすぐも142キロくらい出てますしね。

ピックアップ