爆笑・田中の2012巨人開幕オーダー

2012年02月12日 14時00分

 芸能界屈指の巨人ファンとして知られる「爆笑問題」田中裕二(46)が、今年も巨人宮崎キャンプを〝視察〟し、今季の戦力を徹底分析した。原監督が田中だけに明かした本音や「田中監督の開幕戦オーダー」を披露する。

 まず田中が驚いたのが「投手陣の仕上がりの早さ」だ。

 

「気合の入り方がすごい! 特に内海は杉内が入ったことで競争心とか、あと(昨季)最多勝の自信もあるんだろうね。逆に心配になるくらいの仕上がり。ここに澤村、東野、ゴンザレスとかが入るわけだから、もう球界一の投手陣と言ってもいいね」


 その一方で「V奪回のカギ」として挙げたのが、長年の懸案事項「抑え投手」だった。

 

「これだけは決まっていない。(新助っ人の)マシソン(フィリーズ)もいるけど、いろんな解説者の方と話しても『久保が開幕に間に合いそう』ということなんだよね。原監督の(久保に対する)期待も大きかったし、マシソンも良ければ当然抑えでいけるんだろうけど…。、ファルケンボーグ(ソフトバンク)みたいになってくれれば」


 ただ、今まで外国人投手に裏切られてきたファンとしての〝トラウマ〟があるのだろう。「2点差で勝ってて、7、8、9回になると巨人ファンは毎試合不安になる。本当は越智、山口、久保が、中日でいうところの浅尾、岩瀬、阪神のJFK、昔の巨人ならば鹿取、角みたいな。そういう風になってほしいんだけど…」と生え抜き投手による〝勝利の方程式〟復活を熱望した。

 そして恒例の開幕戦オーダーだ。7番までは当初予想されてきたオーダーとあまり変わりないが、田中が猛プッシュしたのが「8番センター・松本哲也」だった。


「僕の中では松本が出てきたとき(2009年)『1番センター・松本哲也』が往年の柴田、松本匡史、緒方のような存在になってほしかった」と思い入れは相当なもの。現段階で原監督は4年目の大田をセンターで起用したい意向だが「(大田もいるが)守備と打撃を考えると松本は残したい。でも今の段階で『1番・松本、2番・藤村』だと威圧感がない。だからといって『8番・藤村』ではもったいないので」と解説した。


 原監督の様子について「優勝を逃した翌年の春のキャンプはいつも明るい。不安を決して見せないんだよね」と語った田中だが、原監督からは「『今年はいいですね』とか皆さん言うけど、優勝するのって本当に大変なんだよ」との〝本音〟も打ち明けられたという。


 しかし「中日は毎年脅威だけど、落合さんがいなくなったことで、昨年までの威圧感は出ないと思う。DeNAも監督が中畑さんになって、ラミちゃんも入って確実にチームは変わったと思うけど…。投手陣がねえ」とライバルと新球団を評し、当然「優勝は巨人」と予想した。


 田中の野球版「爆勝予想」がズバリ的中!といきますかどうか。