藤浪新球種「バックドア」の完成度はまだまだ

2014年02月10日 11時00分

ブルペンで力投する藤浪

 阪神の藤浪晋太郎投手(19)が9日、ブルペンで投球練習を行った。現在、バックドアと呼ばれる左打者の外角のボールゾーンからストライクゾーンに食い込むスライダーを習得中。「高さもコースもそうですが(完成度は)まだまだだと思います。失投になりかねないボール。慎重に投げていきたい」。


 2年目の進化に向けて昨年、被打率2割8分3厘と苦手にしていた左打者対策に余念がない。