片岡“ヘルプ役”に元同僚の内海指名

2014年01月23日 10時55分

 巨人・片岡が早くも“同期”に助けを求めた。原監督はキャンプインまでに「全力で走れて、全力で投げられるように」と厳命しているが、片岡は左ヒザ裏など故障箇所を気にしながらの調整が続いている。それでも「極力、自分のペースでやっていく」と淡々。というのも「心配なところはあるけど、そこは内海に助けてもらいます」。東京ガス時代の同期でもある選手会長を、早くも頼りにしていた。