T-岡田の改名問題に球団困惑「ファンに決めてもらったのに」

2014年01月17日 16時00分

自主トレを公開したT-岡田

 オリックスのT―岡田外野手(25)が16日、神戸市のほっともっとフィールド神戸などで自主トレを公開。ここ3年、打撃不振が続いていることで「今年は大事な年。野球人生がかかっているくらいの1年になる」と背水の陣の覚悟を口にした。食事制限で体重を104キロから98キロまで減量し、ティー打撃用に芯部分が膨らんだ特注バットを使用するなど「初心に帰ってキャンプまでしっかり振り込んでいきたい」と悲壮な決意でいる。

 

 そんなTについて森脇監督が「野球人生がかかっているとなれば今までと同じにはいかない。名前を変えるとかね。Tとかつけたりせず、伝統的な名字の“岡田”をいま一度、大事にしないと。ちょっとした変化が大きな変化になる」と発言。2009年オフ、当時の岡田監督と同姓だったことで球団が登録名を公募し、7000人の応募の中から決まった「T―岡田」からの変更を促した。

 

 Tも「名残惜しいけど検討します。それくらいの立場に来ていると思う」と、これを重く受け止めたが、球団側は、この監督発言に困惑するばかりだ。「これまでの経緯を考えると簡単には変えられない。多くのファンに決めてもらった名前を心機一転とか、こちらの都合だけで変更できない。変えるならファンがどう思うのか、リサーチする必要がある。球団として話し合わないといけない大きな問題。キャンプ前という時期的なこともある」(球団関係者)

 

 指揮官は不振続きのTに改名で過去を振り切ることを求めたわけだが、果たして…。