中日関係者ガク然!休日返上ルーキー「ゼロ」

2014年01月15日 16時00分

13日まで3日間の合同自主トレを行った中日ルーキーたち

 中日の新人に対してまさかの落胆の声が漏れている。ドラフト1位の鈴木翔太投手(18=聖隷クリストファー)ら8選手による3日間の新人合同自主トレが13日に打ち上げ。15日からは主力とともに全体の合同自主トレがスタートしたが、初のオフとなった14日、新人の誰一人としてナゴヤ球場や室内練習場で休日返上で練習しなかったからだ。

 

 チーム関係者は「休みとはいえ、たった3日間の自主トレを終えただけでしょ。寮の目の前にいつでも練習できる恵まれた施設があるのに、8人もいながら1人も姿を現さないなんてちょっと寂しいよ…。これまでの新人なら『丸一日何もしないのはちょっと』って、少なくとも2、3人は何かしら汗を流すものなのにね」とこぼす。

 

 阪神では、前日13日にドラフト1位・岩貞祐太投手(22=横浜商大)ら新人4選手が休日返上で汗を流したことで「阪神の新人たちの方が骨があるよ。ウチには明日の全体での合同自主トレに備えて体を動かしておこうという自主性のある新人が1人もいなかったのは残念…」(チーム関係者)というわけだ。

 

 もっとも休日にしっかり体を休ませたことで「新人たちは何人も筋肉痛とかで疲れていた。無理をしてけがをしたら元も子もない」との声もあり「人が見ている前だけでやるのが練習じゃない。寮の自分の部屋で人知れずやっている選手だっているはず」(別の関係者)と希望的観測も…。休日返上“ゼロ新人”たちが今後どんな活躍を見せるか、注目だ。