斎藤佑樹ら「早大0勝トリオ」が自主トレ公開

2014年01月13日 17時03分

左から福井優也(広島)、斎藤佑樹(日本ハム)、大石達也(西武)

 日本ハムファイターズ・斎藤佑樹(25)、西武ライオンズ・大石達也(25)、広島カープ・福井優也(25)の2010早大ドラフト1位右腕トリオが13日、横浜市内のグラウンドで自主トレを公開した。
 
 プロ3年目の昨年は3人揃って未勝利(計8敗)に終わり、それぞれが再起を目指す勝負の4年目。大学で主将だった斎藤は「去年は3人とも思うような結果に達していない。3人でまた再スタートを切って今年活躍できたらいい」と言葉に力を込めランニング、ストレッチ、遠投などのメニューを精力的にこなした。
 
 また今回の合同トレの言い出しっぺ、福井が「去年は早稲田の3人は何をやってんだとか、終わったみたいなことを耳にタコができるほど言われて悔しかった。これが何かのきっかけになれば」とリベンジを誓えば、斎藤もこれに続いた。

「年末から年始にかけてうるさいほど『今年は頼むぞ』と言われてきた。ありがたい言葉ではありますが、それは僕らが一番分かっていること。福井があそこまで言うというのはそれだけ言われてきたんだと思う。それを見返す気持ちでいます」

 

 当然だが、プロは結果が全て。周囲の低評価は結果で見返すしかない。

 

 今年を勝負の年と位置づけた斎藤は正月早々、実家のある群馬で同僚の大嶋を相手に30球のブルペン投球も開始。大谷と投げ合う2月8日のキャンプ紅白戦に向け仕上がりは順調だという。

 

 メジャー移籍交渉が大詰めの楽天イーグルス・田中将大(25)について「本人の希望通りになることが一番望ましい。また刺激をもらって僕も頑張りたい」と語った斎藤。自身にとってはプロとしての生き残りをかけた勝負の年となる。