西武・炭谷 来オフFA流出決定的

2013年12月10日 16時00分

大盛りチャーハンを前に笑顔のおかわり君

 西武の中村剛也内野手(30)が9日、4年最大20億円(来季3億5000万円+出来高払い)の大型契約を結んだ。西武としては日本人野手初の長期契約だ。2011年オフに結んだ3年10億円の契約を1年残して破棄し、新たに年俸変動制の4年契約を結び直した中村は「こういう野球人生もいい。すべての成績でキャリアハイを目指す」と西武一筋を貫ける好条件に満足そうだった。

 

 一方で、同日に契約更改を行った炭谷銀仁朗捕手(26)は、2時間半に及ぶロングラン交渉の末に2000万円増となる7700万円+出来高払いの単年契約でサイン。順調なら来季中に国内FA権を取得するが、複数年契約の提示はなし。鈴木球団本部長は「それなりの数字(成績)を出せば会社も考える」と話したものの、中村への手厚い条件提示とは対照的だった。

 

 今オフから来オフにかけてFAの可能性があったのが中村、栗山、岸、涌井、片岡、炭谷の6人。親会社の西武ホールディングス(HD)の上場が遅れ、資金力が乏しい西武はその中から“残留組”3人を選択。中村、栗山、岸に複数年契約を提示したのに対し、涌井と片岡、炭谷には単年提示。今オフ涌井と片岡がFAを選んだように、来オフの炭谷流出は決定的となった。

 

 中村と長期契約を結んだことで主砲流出の心配はなくなったが、西武ナインの一人は「あまりにも露骨ですよね」と首をかしげた。球団に選ばれた選手の厚遇と選ばれなかった選手への冷遇が好対照となっているからだ。選ばれた3選手と他選手との待遇の差は、チーム内で大きなシコリとなりかねない。(金額は推定)